2009年10月12日 (月)

心安らぐ日

今日は朝から法事のため、千葉県の八千代市にある大阿闍梨(だいあじゃり)伊藤源田様の本堂のある不動院へと向かった。

ぼくにとってはとてもとてももったいない話なのですが、大阿闍梨様はいつもいくお君と言って、とても面倒を見てくれます。「今度秋田に常設の写真ギャラリーができるんですよ」と話したところ、ポスターをくれとおっしゃってですね。法事でお邪魔したらなんと玄関にドーンと・・・。あまりにも恐れ多くて、なんと申してよいやらです・・・。

Photo

ぼくは、阿闍梨さんと呼んでいますが、お経をあげてくれるたびに、太いお線香に変化が起きるんですね。本来なら下に垂れるはずのロウがなぜか上に持ちあがり、なんとそれが天女の羽衣のようになっていたり・・・。

信じない方もいるでしょうけど、護摩供養のときに撮られたという写真をご覧になってください。この写真は大阿闍梨さまの許可をいただき掲載しています。まずは本堂の毘沙門様をよく見てください。

Photo

そして護摩供養のときに撮られた写真をご覧ください。燃え盛る炎がまさに毘沙門様そのもの。足を広げ、左手を腰に当て、右手には宝の棒を持っているようには見えませんか。

Photo_2

力のある方のお経はすさまじいです。今月の18日は北秋田市の道場で護摩供養があるのでぼくも参加します。なんとそのあと、ぼくの故郷、潟上市に開設される常設ギャラリー「ブルーホール」のお払いに来てくれるんですね。

小玉醸造さんの敷地内にある蔵ギャラリーを念入りに見ていただき、千客万来となるよう、力強く魂をいれてくださることでしょう。そして11月6日、マスコミ関係やご協賛企業、写真家を招いての内覧会。そして7日はいよいよオープンです。本当に、いよいよだなあ…という感じです。

2009年10月12日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198378/46471502

この記事へのトラックバック一覧です: 心安らぐ日:

コメント

おはようございます。
素晴らしいお経だったんですね!
心強い方と、お知り合いなんですね。
征夫さんのお人柄が、あらわれておりますね。

いよいよ、オープンまで、1ヶ月をきりましたね。
いろいろ、お忙しいと思いますが、オープンの日は、
万全の体調で、お迎えくださいね!
心より応援しております。

ガラパゴスの新刊本素晴らしいです。
早速お送り頂有難うございました。
大切な一冊にします。

妹のサリン事件の(補償金支給)けじめをつけて、私も
ご住職にお墓で、お経を読んでいただきました。
14年目の報告ができて、少しホットしております。

投稿: イッコ | 2009/10/13 8:34:39

こんにちは。

そんなに素晴らしいものが見えるって事は、中村さんも仏様に守られているって事ですね。
たまには神社仏閣に行って、自分の身を清めたくなりました。

投稿: ふぐ | 2009/10/13 17:09:18

オープンが楽しみですねnotes
燃えている時は、中村さんがおっしゃるように見えますねwink不思議ですね。

投稿: りんご | 2009/10/15 10:33:02

燃えさかる炎、毘沙門様に見えますとも!!

お経の力による現象でしょうか。

どうだ!俺様の力はすごいだろう!!ワハハハ
と言う声が聞こえそうです!

「はい!確かに、凄うございます!」

ブルーホールすっごい入魂でしょうね!オオーup

投稿: MOMO | 2009/10/15 14:47:43

もったいない。
とても魅力的です。是非、調べ(検索ですけど‥)てみます。
念や気の強さは、大切に使うもの。心強い支えへ導かれる有り難さ。
ひぃ〜毘沙門さまに見える!

投稿: さめまんぼ | 2009/10/15 21:10:09

先ずは 大阿闍梨 伊藤源田さまに合掌
      「真、善、美」の中村さんに合掌    


天女の羽衣のろうそくのお話、よくわかります。実は私も龍神さまのような形状の経験があって・・・。
炎の毘沙門天さまの一段と凛凛しいお姿の中から、
大阿闍梨様のご人格の高さが伝わってまいります。
お経を読まれる方の人格や悟りの高さ、愛念の深さによって
功徳の現れ方が異なると伺ったことがあります。
読経される方のこころの波と、お経のもつ高い波とが合致した時のひびきが、真から霊魂をなぐさめ、すべてを浄めるのだと・・・のりとも同じだと伺ったことを思い出しました。

中村さん、とてもタイトなスケジュールでらっしゃる様なので、一層お身体に気をつけてお過ごしくださいね。(ё_ё)/

投稿: ラッコ | 2009/10/15 22:05:51

ほんとうだ。思わず合掌。

千葉県八千代市・・むかし住んでいたところ・・
北秋田市は父の実家・・

思わず一生懸命に記事を読んでおりました。

投稿: mizj | 2009/10/19 10:51:32

伊藤源田師は比叡山とは無関係です。誤解を招く方があるといけませんので、比叡山と関係があると誤解されかねない部分の削除をお願いします

投稿: タマ | 2011/12/02 17:40:33

八千代市の伊藤源田大阿闍梨様はご存命でしょうか?

投稿: 矢作 | 2015/07/13 23:26:38

コメントを書く





絵文字を挿入

※注意:入力したメールアドレスは公開されます。