2009年10月 2日 (金)

すっかり秋らしくて

涼しくなりました。皆さんにはお変わりありませんか。パソコンに向かい過ぎて(とは言っても皆さんとは比べものにはなりませんが)、右眼がヒクひくして止まりませーん・・・と、書いたところ、何人かの方からなんとも優しいご返信をいただいて・・・おらあ、グスッ、感激のあまり飲み過ぎちゃってヘロヘロだー。

Photo

右眼は少し充血は残るものの、ヒクヒク、ピクピクはお蔭さまでおさまりました。ご心配おかけしました。右眼はファインダーをのぞく眼なので、異常があるとちょっと心配になりますね。

アップで気づいたんだけど、右眼の付け根に小さくホクロのように見えるのは、30年前、グリーランドの地球最北の地に住むイヌイット村を取材中にケガをした、その名残です。アップにするまで気づかなかったですね。

暗黒の、それもマイナス40度の結氷した洋上でアザラシ漁の最中に事故が発生しました。もう右眼は失明したと思いました。病院もないので包帯をぐるぐる右眼と頭に巻いて、一ヶ月間、新聞社の特派の仕事を続けたんだけど、これが最後の仕事だと、左眼だけで泣きながらシャッターを切ったのを思い出します。

その後は多くの人たちに助けられて、今日に至っています。自分は一人ではない。必ず誰かが見守ってくれている・・・そう確信しながら頑張ってきましたが、それが実を結ぶのも、ただただ人に頼っているだけの日常では駄目なんですね。

努力をしている姿勢が見えるから、温かな目を向けてくれるのでしょう。

実はおととい、アサヒカメラの2年にわたるフォトコンテストの審査がすべて終わり、編集長と雑談していました。「奥田さん、こうして何年も朝日新聞社から仕事もらっているけど、実は30年ほど前、朝日のブラックリストに載ったことあるんですよ。朝日は2度と君の写真は使わないと言われた」

「えっえー・・・!!」と、奥田編集長は驚いていました。怒ったのはかつてのアサヒグラフの編集長だったんだけど、怒りを買うような、ジャーナリストとしてはやってはいけない行為をしでかしてしまったことがあるんです。

生活が苦しくて、他誌に掲載した東京湾の作品の一部を、そっくりアサヒグラフに発表してしまった。それ以来、朝日新聞社には出入り禁止状態だった。自分はまだ若かったし、相当落ち込んでしまった。でも、考えを改めた。

「よおし、それなら朝日が頭を下げて、どうしても使わせてくれ・・・そういう写真を撮ればいい」それからというもの、来る日も来る日も東京湾通いが始まった。

その何年後だろう。朝日新聞社から思いもよらない知らせが飛び込んできた。1988年度の「木村伊兵衛写真賞」受賞の知らせだった。それも受賞作がなんと、ルポルタージュの「全・東京湾」と、写真集「海中顔面博覧会」であるという。

ぼくはこのときほど、続けることの大切さと、人の心のぬくもりを感じたことはなかった。アサヒグラフの編集長も「アイツ、まだヘドロに取り組んでるのか」と、呆れてものも言えなかったかもしれない。そして、「それならしばらく見てやろう」という気になってくれたような思いがします。

「会社にいると、ばかばかしいことばっかりやらされている」そう言って嘆いている人をたまに見かけます。だけどぼくはその逆で、だれもが嫌がるばかばかしいことが唯一できる天才になりたいなあ・・・と考えるほうです。

それに、意外に上司のだれかがその行為を、離れた位置から観察しているものです。投げやりにならない冷静さと、真面目に取り組む勤務態度を高く評価しない上司が果たしているでしょうか。

今日は何でこんな話になっちゃったんだろう。わりぃわりぃです。明日は「日本列島知恵プロジェクト」の奄美編の編集に、朝からスタジオ入りです。近々、五島編とともにアップしますよー。お楽しみにねー。

へば、寝るよ~、おやすみ~。

  

2009年10月 2日 |

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198378/46367305

この記事へのトラックバック一覧です: すっかり秋らしくて:

コメント

おはようございます!
素敵なお話有難うございました。
私も、4月に右目の手術をして、真っ暗だったのが、光が戻ってきて、執刀医の先生にはとっても感謝しています。

征夫さんにとっては、一番大切な武器ですので、とっても心配しておりました。
くれぐれも、大切になさってくださいませ。

お仕事のポリシーも感動いたしました。
私も、征夫さんの心意気に負けないように、定年後も置いてくれる事に感謝して、頑張ります。

10月4日は、第三回のフォトフォーラムに行きます。
今回はグレートジャニーの関野さんと、征夫さんの後に土門拳賞を取られた今森さんです。
第一回が征夫さん、第二回が椎名さん、そして関野さん&今森さんといつも、素敵なゲストなので、毎年楽しみにしています。

今年は、例年にもまして、お忙しいです。
くれぐれもお体ご自愛ください!

投稿: | 2009/10/02 8:49:18

わりぃわりぃだなんて、ちっとも悪くありません。征夫さんにもそのような時があったのか~と逆に安心しました。

私は、只今求職中でおまけに中年といわれる世代ですが、海の天使イクオネ様からの、ありがたいお言葉として頂き頑張っていこうと思います。

かたい話になっちゃいましたね。

知恵プロジェクトの更新、愉しみにしてます。

投稿: 嘉山 | 2009/10/02 9:06:25

やっぱり 征夫さん
だいすきだあ☆

投稿: myu☆ | 2009/10/02 14:43:06

こんばんわさめまんぼですっ。
たくさん詰まったお話‥。いつもいつも学びです。
幾度とない恐怖と闘いながら、カメラに向かってきた眼。
厳粛な気持ちです。

投稿: さめまんぼ | 2009/10/02 19:48:44

こんばんは。
若い頃は誰でも失敗はあるものです。大切なのは、その失敗から何かを学ぶ事だと思います。目は大切に、お酒は控えめに(笑)

投稿: ふぐぺそ | 2009/10/02 20:18:36

感激のあまり飲んだんですか!?(笑)その展開に笑ってしまいました。目の痙攣は治まったんですね。よかったですconfidentこんなに中村さんのお顔を真近に見れるなんてhappy01中村さん、奥二重なんですねwink発見してしまいました。アザラシ漁の時の事故、大変だったんですね。右目も大丈夫になって本当によかったと思います。今回は、大変いいお話を聞かせていただきました。
「日本列島知恵プロジェクト」奄美編・五島編、楽しみにしています!!

投稿: りんご | 2009/10/03 3:18:13

こんばんわー。目は大切ですね!イヌイットでは、思いがけない怪我で壮絶な思いをされたんですね。

片目だと遠近感も判らないし、、しかも、暗黒。マイナス40度
(想像がつかないのです。)
おそらく、心の目を持つ中村さんだからこそ切り抜けていけたんですね。自分を信じて、必死だったんですね。。

カメラマンは壮絶との戦いですね。。

食らいついていくピラニアじゃないですが、大切ですよね。
どんな小さなことでも、認められた瞬間は言葉にはできない嬉しさがありますよね。


知恵プロジェクト奄美編、五島編楽しみにしています!wave

感激の連発で焼酎飲みすぎないように~へば!happy01

投稿: MOMO | 2009/10/03 18:39:17

長野県から、征夫さんのメッセージを読ませていただいています、美しい海と生き物が大好きな、時々もぐるダイバーです。展覧会も観させていただき、ダイビングフェスでもお話を聴くのを楽しみにしています。
仕事への姿勢のお話、とても励まされました。いま与えられていることを一歩一歩やっていく決意をまたしました。ありがとうございます。

投稿: アクアブルー | 2009/10/04 18:43:35

ばかばかしいと思うかどうかは、本人の心次第だと思います。
意外とばかばかしいと思うことだって、必要だからこそ存在している作業であったり、行為であったりするわけで、それが陳腐化していると感じるのであれば、改善のために自分が動けばいい。
ちゃんと誰かは見ていてくれている。
私もそう感じます^^

投稿: miho | 2009/10/05 0:28:37

高校の後輩の写真好きな潟上のオバサンです。
11月7日オープンが楽しみですが、初日は仕事でいけません。
でも絶対8日には行きたいと思っています。

投稿: | 2009/10/07 9:16:41

素敵な目のアップ、ありがとうございます。何かドキッとしてしまいました。でも付け根に残された小さな傷跡に、そんな過酷な体験が刻まれていたなんて…本当にご無事で良かったと思います。やはり大いなるものに護られていらっしゃるんですね。

中村さん…
お話、じぃ~んと身に沁みました。
「一隅を照らす、これ則ち国宝なり」 この言葉が浮かんで参りました。その気になれば、誰でも国宝になれる…んですね。

投稿: ラッコ | 2009/10/08 17:47:48

私も今左目がおかしいです。
こないだ久米島で潜り過ぎたのか、途中から痛くて。
今は痛みはおさまりましたが、左目の端に時々白い陰が見えます。
一瞬、誰かすぐ後ろに立ってるような。病院にいかねば。
私も写真をとりますが、こないだの久米島は、せっかくリバーサルフィルムを使い、7本も撮り、カマスにぐるりと囲まれたよいシーンに出会えたのに現像してみると、ほぼ7本全滅。
光が足りなかったようです。
でも、続けることの大切さ。
下手の横好き?
好きこそものの上手なれ?になるようにシャッターをきり続けたいと思いました。
これからも、がんばりま~す。

投稿: めいこ | 2009/10/09 17:39:01

はじめまして
中村さんのお話、感動しました
僕もまじめにこつこつと仕事をしていこうと思いました
ありがとうございます!!

投稿: ほらふき男爵 | 2009/10/12 15:56:38

エピソードに感動です。

今日ちょうどアップしたブログ記事が「見守っていてくれるから」でした。ドキっとしました。

投稿: mizj | 2009/10/19 10:58:57

コメントを書く





絵文字を挿入

※注意:入力したメールアドレスは公開されます。