2008年9月の記事一覧


2008年9月30日 (火)

関西を満喫

大阪での写真展を終え、神戸でのーんびり3日間を過ごしました。これまで家族には留守勝ちなおやじだったので、大阪、そして神戸へと来てもらい、とことんみんなで関西を満喫しました。あんなに苦手なジェットコースターも、涙を流しながら頑張ったどー・・・。001

この乗り物は、とても珍しい水陸療養車、じゃない両用車だ。神戸の三宮を社内からぐるり観光したあと海岸に戻り、そして海にじゃぶーんと入り、すいすいと洋上を走る。

何が恥ずかしいって、街でも沿岸でもそうだけど、みーんなこっちを見て笑うんだなあ。あげくのはてはパチパチと写される始末。なーんか有名人になった気分やけど、有名なんは両用車やん。

007 この夜景は、六甲山から撮ったものです。街から車でほんの5分ほど走った場所なんやけど、さすが市の観光課に勤める宮道さんお勧めの、秘密のスポットでした。

神戸では宮道さん、松本さん、連日何から何までありがとうございました。とてもよい思い出になりました。

そして東京に戻り、直ぐにテレビのロケで江戸前の漁師の船に乗船です。午前2時に起床し2時半に車で自宅を出発。暗いうちから出港です。 Photo         
この日は、底引網船に乗って漁に同行です。東の空がわずかに明るいだけで、あとは空も海も真っ暗。湾を抜けるといきなりの大波。

家を出るとき、風があるのでまずいなと思ったけど不安は的中でした。撮影中、何度もしぶきを浴びてはレンズ面をぬぐう。それの繰り返しだった。

004_2 江戸前で小柴のシャコといえば、通なら誰でも知っているほど有名なブランド。それが今、さっぱり収穫されない状態が続いている。

気候変動か、それとも乱獲か。その原因は掴めてはいないが、漁協はしばらく禁漁することを決定した。

だからこの日のメインはシャコではなくタチウオだったのだが、エボダイばかりがたくさん収穫されていた。漁師の話では、エボダイが終るとタチウオが捕れるようになるのだという。

底引網には数匹のシャコも入っていた。しかし、どのシャコも小ぶりでありやせ細っていた。指で身を押してみると、どのシャコもペシャンとつぶれるのだった。

江戸前のシャコに、今大異変が起きていると感じたのだが、漁師の話では数年前にも同じような現象が起きたのだという。その後、爆発的に復活したというが、今回の激減も同じ状況なのだろうか。シャコ大好き人間のぼくには不安が残る。

2008年9月30日 | | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年9月のブログ記事